毛周期のことを正しく理解してレーザー脱毛を受けましょう

毛周期の意味を知っていますか?

エステで行っている美容脱毛でも、医療機関で行っているレーザー脱毛でも、光を照射することでムダ毛を生えにくくしていきますよね。人体に生える毛には、毛周期という一生のサイクルがあります。毛周期は成長期と退行期の後、休止期を挟んで再び成長期に入って新しい毛が生えてくるようになっています。レーザー脱毛などの光が有効なのは、毛周期のうちで成長期の時だけなのです。だから一回脱毛をしたら、また成長期になるまで待たないとダメなのです。

数か月間隔をあける理由は

レーザー脱毛をする時には、退行期と休止期にやっても効果がないので、成長期に再度入るまでしばらく待たないといけません。しかし、厳密にその毛が成長期にいつ入るかは判断するのが難しいんですよね。個人差が大きいですし、同じ人でも体毛が生えている場所で毛周期が大きく異なっています。場所によって毛質が違うのですから、そうなるのも当たり前かもしれません。そこで、大体成長期に入っているであろう間隔を狙って照射するのです。

間隔をあける根拠と一回で得られる効果

エステサロンやクリニックの方針でも違ってきますが、大体二か月から三か月空けてから次回の照射となりますよね。具体的に開ける期間の根拠ですが、この期間より短い間に照射してもあまり大きな脱毛効果は得られないだろうと判断される期間が設定されています。毛周期をしっかり理解しているところで脱毛した方が効果的です。脱毛が完成するのは数年ですが、一回の脱毛でも数週間後に体毛が抜け落ちて、一時的にツルツル素肌を実感することができます。

医療脱毛を千葉で通うために、安全性の高い医療機器が取り入れられているクリニックを見つけることがコツです。