VIOライン脱毛は個人でするべき?専門機関に頼むべき?

VIOラインの脱毛について

VIOラインは、女性のデリケートゾーンの毛が生えている部位のことを表す言葉です。Vラインは、体を正面から見たヘアの両サイドの部分、Iラインは、真下から見て股関節の内側の両脇の部分、Oラインは、肛門の周りの部分を示します。これらの部分は、体質にもよりますが、太い毛が密集して生えやすい部分のため、剃るだけでは処理が不十分だったり、Oラインのように場所的に自分では脱毛しにくく、女性の悩みの種となりやすいものです。

VIOラインを個人で脱毛する場合の注意点

VIOラインの脱毛は、毛が太いこともあって、剃るだけでは黒ずんだり、肌が荒れてしまうなどの危険性があります。毛を抜く処理であっても、本数が多く大変だったり、痛みを伴うなどの難点があります。除毛・脱毛クリームなどの使用も考えられますが、これも毛が完全になくなるわけではない上、薬が合わなかった場合などには肌荒れの危険が伴います。このほか、家庭用レーザー脱毛器具などもありますが、手間がかかる上、痛みを伴うのが通常です。いずれにせよ、個人で処理する場合には、費用はそれほどかからないものの、手間や痛みなどが伴い、肌へのケアも必要となってきます。

VIOラインを専門機関で脱毛する場合の注意点

VIOラインを専門機関で脱毛するのであれば、痛みや手間などは個人でするよりはずっと少なくなります。もっとも、その分だけ結構な費用がかかることになります。なお、専門機関の場合には、永久脱毛も可能となっており、これをしっかり行えば、将来的にVIOラインの脱毛で悩まされることはほとんどなくなるといってよいでしょう。もっとも、永久脱毛でずっとツルツルの状態を保つには、生え変わりの毛を除去する必要があるため、何度か通院する必要があり、その分費用がかさむことになります。お金と時間に余裕がある人は、専門機関でしっかり脱毛してもらうのがベストといえます。

VIOライン脱毛の施術の進め方は、オーダーメードで決めることができるため、今やお洒落な女性からの支持が集まっています。