知っておきたいレーザー脱毛の仕組みとは?

レーザーの光を照射しても大丈夫?

医療脱毛の一つでもあるレーザー脱毛はクリニックなどの病院のみで行われている脱毛方法で医療行為を必要とします。エステなど脱毛サロンのお店でレーザー脱毛が出来ない理由は、医療行為を禁じられているからなのですね。レーザーの光出力はとても強いので脱毛の効果も高くなります。しかし、レーザーの光は黒いメラニン色素に強い反応を示すため、肌にレーザー光線を照射させても肌にダメージを与えることなくメラニンに吸収し易くなるのです。

メラニンに吸収されるとどうなるの?

メラニンに吸収されたレーザー光線は熱を持つ事になり、熱エネルギーで発毛組織を壊していく事になります。一般的に、レーザー脱毛は成長期の毛に対して処理が行われると言われていますが、成長期の毛はメラニンが強いためより多くのレーザー光線を吸収し易く、脱毛の効果を得ることが出来ると言う事なのです。尚、レーザー脱毛は処理される毛量が多い、成長期の毛量が多い初期段階は多くのムダ毛がレーザー光線を吸収するので輪ゴムで弾かれたような痛みが起きるのが特徴です。

日焼けした肌でも脱毛できるの?

レーザー脱毛は黒いメラニンに反応させると言った特徴があるため、日焼けした肌には施術が出来ないと言われています。日焼けして肌が黒くなっていると、レーザー光線は分散されてしまい肌へのダメージを与えてしまうからなのですね。これからレーザー脱毛を考えている人や現在レーザー脱毛の施術を受けている場合など、紫外線対策を万全にすることが大切です。地球温暖化の影響により強烈な紫外線が照射される状態になっているので、紫外線量が多い季節などでは日傘や長袖などの洋服を着る、日焼け止めクリームを塗るなどが大切です。

レーザー脱毛の施術の魅力を知るために、短期間のうちに脱毛機器の性能の良しあしを比較することがポイントとなります。